Inter BEE 2018でテクニカルセッションを行いました

2018.11.14

弊社代表取締役の長崎が、Inter BEE 2018にて、テクニカルセッション
「国土交通省が進めるプロジェクションマッピングの規制緩和」に、
パネリストとして登壇いたしました。



【概要】
11月14日(水) 13:00〜14:30
国土交通省が進めるプロジェクションマッピングの規制緩和
オリンピック・パラリンピックを一つの地域活性の起爆剤と
位置付けている国や自治体の目論見はどこにあるのか、
プロジェクションマッピングの投影ガイドラインを公開した
国土交通省にその目的を伺います。
また、実施時の留意点や従来との違いなどをプロジェクション
マッピングのプロデューサーやクリエイターも交えて
パネルディスカッション形式で伺います。

【パネリスト】
渡瀬 友博 氏
国土交通省 都市局 公園緑地・景観課 景観・歴史文化環境 整備室長

石多 未知行 氏
一般財団法人 プロジェクションマッピング協会 代表
クリエイティブディレクター

長崎 英樹 氏
株式会社タケナカ 専務取締役
株式会社シムディレクト 代表取締役
ゼネラルプロデューサー

モデレーター
町田 聡 氏
一般財団法人 プロジェクションマッピング協会 アドバイザー
アンビエントメディア 代表 コンテンツサービスプロデューサー

実際の画像イメージ